プチ整形でコンプレックス解消|注射なら10分もかからずに完了

プチ整形で負担軽減

婦人

手術以外の方法で

一般的に美容整形は、手術によっておこなわれています。たとえば二重まぶたにするための美容整形の場合は、まぶたにメスで切れ込みを入れ、二重まぶたの状態になるように縫合します。この手術は、切開法と呼ばれています。また、ほうれい線を除去するための美容整形は、フェイスリフトによっておこなわれます。フェイスリフトとは、ほうれい線の原因となっているたるんだ肌を、耳の裏側などに引き寄せ、切除した上で縫合するという手術です。こういった手術による美容整形は、効果が非常に高いものの、施術後には内出血や腫れなどによるダウンタイムが発生します。そのため仕事や学校などを、数日ほど休むことになる場合もあります。また、目立たないようにと工夫されるのですが、肌にはある程度の傷跡が残ることが多いです。そして昨今では、こういったデメリットのないプチ整形が注目を集めるようになっています。プチ整形とは、手術よりも手軽な方法でおこなう美容整形です。手術ではないので、体への負担が少なく、傷跡も残らないため話題になっています。

具体的な施術内容

たとえば二重まぶたにするためのプチ整形は、埋没法という方法でおこなわれます。埋没法とは、まぶたの一部を埋没させることで、二重の溝を作るというプチ整形です。具体的には、まぶたの裏側の結膜に針で糸を通して引っ張り、しっかりと結ぶのです。これによりまぶたが局部的にくぼむと、二重の溝ができますし、糸を結んでいるのでその状態が固定されるのです。またほうれい線を除去するためのプチ整形は、ヒアルロン酸注射によっておこなわれることが多いです。液状のヒアルロン酸を注入すると、ほうれい線による肌のくぼみは、内部から押し上げられます。これによりほうれい線は目立ちにくくなりますし、ヒアルロン酸には保湿効果もあるので、肌の潤いも保たれやすくなるのです。また、昨今ではより効果の持続期間の長いアクアミドジェルの注入もおこなわれるようになっています。いずれの場合も、メスでの切開や切除と異なり、施術は10〜20分程度で終わります。施術当日からシャワーを浴びることができたりと、日常生活に支障を来たすこともほとんどないので、その点からも人気があります。